大学受験を見守る日記

アラフィフの私が一年後の息子の大学受験について書き留めます

MENU

出身大学がボーダーフリー大学になっていた事

私は某大学出身なのですが、その時の友人から久しぶりに連絡がきたのでなんとなく出

身校のHPを見ました。

 

そもそも滑り止めで直前に受けることを決めた大学だったので卒業してから一度も足を

運んだことさえありませんでした。

 

女子しかいなかったはずの大学が共学になっており、受験生の母としては入試方法が

気になったので調べてみるとまさかの1教科受験!

 

それも3教科から任意の1教科を選ぶとか・・

うーん、多分形だけの入試で落ちる人なんていないんじゃないかなと思いました。

まさに名前書けば受かる感じでしょうか?

 

それはそうと今は女子大って昔ほど人気ないのですよね。

私が以前書いた困ったメールを送ってくる叔母は上智出身なのですが、彼女の第一志望

は津田塾だったそうなのです。

その当時は津田塾の方が断然難しかったのでしょうが、今の私の感覚では上智の方が難

しそうです。(あくまでも主観です、何かの資料を見たわけではないです)

 

今と30年前では大学進学率が違うし少子化で子供の絶対数が減っている上、新しい大学

も増えたことでやはり生徒集めに苦労していることが伺えます。

そんな話を薄々は知っていましたが、実際自分の出身大学が名前書けば入れる大学だと

思い知らされてちょっと悲しいです。

 

今更自分の学歴を人に言うシチュエーションもないですが、もう絶対言えません。

 

子供には出身大学を人から聞かれた時恥ずかしくて言えないような大学に進んでほしく

ないです。

それを大学時代の友達から連絡があったことで強く思いました。

 

それにしても今って難しい大学はより難しく、そうでない大学は生徒集めに苦労する

二極化しているのですね。

 

 

 

 

 

英語の外部試験利用入試について

大学入試で英語の外部試験の利用が増えていますね。

少し調べてみたのですが、複雑でよくわかりません。

 

外部試験といっても英検だけではなくTOEFLやらGTECやら他にも色々あって難しいです。その利用方法も英語の試験を免除するとか、英語のセンター得点を満点換算するとか、推薦やAO入試の出願資格にするとか様々です。

 

最近の大学入試にはグローバル方式なるものもあり、英語の基準を満たしていれば英語を除く2科目での入試で合否が決まるものがあるようです。

(英語の試験を免除に当たるのかな)

そうそう、持っているスコアによって加点されるなんてのもありました。

そしてうちの子供が持っている英検準一級は少しはお得なのか調べたのですが謎は深まるばかりでした。

 

まず英語の試験を免除されるとうちの場合(私立文系)国語と世界史Bで戦うことになります。

科目が減れば失敗は許されないというか、他の科目での挽回が難しいと思うのは素人考えなのでしょうか。

国語や世界史が抜群にできるけれど、英語が足を引っ張るお子さんの場合有利ですよね。外部試験は一発勝負ではないので、一番良いスコアを提出できます。

どちらかというと英語が苦手な方が頑張って1、2年かけてスコアをクリアし一発勝負の入試での英語を回避するというイメージです。

国語がいまいちなうちの子供の場合3教科型の入試の方が良いような気がします。

 

ある方のブログに英語の外部試験の日程と模試の日程がかぶるので困るというような

ことが書いてあったのですが、そもそも入試で利用するならば2年のうちに取得しておくべきではないのか、またそこまで苦労して取得するほどお得なのでしょうか。

 

去年英検を受けた時、ひと月ほど英検の勉強をしました。そして受かりましたが、受験生の今英検やteapの勉強に時間を割くのは勿体無いような気がします。

息子の場合準1級の勉強はほとんど語彙力強化に当てていたのですが、リスニングの対策も取る場合受験勉強を犠牲にする価値はそんなにあるのか不思議なのです。

 

同じ大学の同じ学部を2教科型と3教科型と受けられてチャンスが2倍になる、と息子は言っていましたがそもそも数打ちゃ当たるってものでもないでしょう。

 

2教科型と従来型の入試で合格しやすい方とかあるのでしょうか?

そこまで踏み込んだ事が書いてあるところは探せなくて、多分学校の先生に聞いてもわからないと思うのです。(聞いてみますけど・・)

予備校などではそういう点も分析されているのでしょうか?そしてどこかに公開されているのでしょうか?

 

今の私の解釈としては、2年で準1級を取っておくと受験の時のちょっとした保険になる。大学によっては英語を免除されるので他の科目に時間を割けるから有利。

でも私立の個別入試や国公立の2次試験を受けるならその対策をしなければならないので3年で受けるにはリスクが大きい。

 

こんな感じになりました。あってるのかな・・・。

 

海外で卵子提供による不妊治療を勧められた話

やっぱり受験とは関係ありません。

現在高校3年の息子が小学校3年を終えて海外赴任になった夫の帯同家族として、とある国に引っ越した時、うちには4歳の娘もいました。

引っ越して一ヶ月ちょっとの時その娘が亡くなりました。

その詳細についてはここに書けるほど乗り切ってはいないので割愛しますが、子供を亡くした親というのはもう一人子供が欲しくなるものなのでしょうか。

しばらくして妊娠したのですが、流産してしまいました。

その時の話です。

 

妊娠反応がスーパーで売っている試薬で出たので病院に電話をして予約を取りました。

病院でエコーするもなかなか確認できず、おそらく流産だろうと言われました。

その時問診票に結構詳しく家族構成や妊娠経験などを書いていたので、先生は子供を亡くしたばかりということを知っていました。

もう一人子供が欲しいなら助けるよ、というようなことを言われた覚えがあります。

そこで始めたのが排卵誘発剤を飲むという方法でした。

詳しくは忘れてしまったのですが、排卵後何日かして妊娠しているかどうか病院で検査したような記憶があります。

それを二、三ヶ月繰り返して成果がなく、先生に不妊専門外来を紹介されました。

 

そこではまず女性ホルモンの数値を調べ妊娠できると判断されたので人工受精をすることになりました。

自分で毎月何日から何日までお腹に注射をしました。それが終わると病院に行って卵子が育っているかどうかエコーで確認します。十分育ってじゃあ明日だなどというタイミングを見計らって人工受精するのです。

日本では自分でお腹に注射することはないようですが、その国では病院で注射の仕方の説明を受けただけです。

その後保険との兼ね合いもあるのですが、うちは確か自費が五千円ほどで使い捨て注射器と薬が自宅に送られてきた記憶があります。

そのセットにビデオが入っていてどうやって注射をするか丁寧な説明がありました。

それを確か2回か3回繰り返したような気がします。

まあ結論から言うと妊娠はしませんでした。

 

そこでオフィスで通訳も交え先生とお話です。

日本の病院とは本当に違いオフィスという感じなのです。

 

あなたはもう42歳だから妊娠は難しい、そこで健康な若い女性の卵子を使って体外受精させあなたのお腹に戻せばうまくいくかもしれない。

と普通に言われました。

うまく着床すればはたからはあなたの子供としかわからないし、それを知っているのはここにいるメンバーだけだと説明されました。

妊娠から無事出産に至る確率は、この病院では25パーセントと言われたような気がします。結構いい数字でしょう、と言われました。

四分の一、確かに悪くないような気もしますね。

 

だけどこの病院には日本人の卵子提供者はいないのよ。白人と黒人はいるけどアジア人は揃えてないの。

日本人を望むなら日本人が多く住んでいるところのエージェントを通さなければならないから費用がそのぶん多くかかるわね。

 

というようなことを言われました。

おったまげじゃないですか?

私は薄々子供はもう無理って思っていたのでなんとなく踏み出した不妊治療に未練はなかったです。

だってもう笑い話ですよ、卵子提供して産めばあなたの子供じゃないってわからないって言われても、提供してくれる卵子が白人や黒人だったら誰が見ても私の子供じゃな

いし・・・。

 

ただわかったのは卵子提供による出産は普通にできちゃうんだなっていうことです。

いやもちろんやりませんでしたよ。

この話も身近な友達には一切していません。それは娘がなくなった話と切っても切り離せないので聞く方も反応に困ると思うので。

 

 

 

 

面倒なメールを無視していいのか悩む日々

受験関係ないです。

 

最近はラインでのやり取りがほとんどですが、メールでやり取りする人がやく二人います。(二人ともスマホ持ちなんだけど)

 

一人は叔母ですでに高齢者のくくりに入っています。

親族からは嫌われ、誰にも相手にされないからか私あてに頻繁にどうでも良い長文メールが改行なしで送られてきます。

私だってすでに老眼が入っているのに、スマホのメールにぎっしり詰まった文字を見ただけでうんざり。さらに同じような内容のメールを何度も送ってくるので本当に返事に困ります。

読んだ後、だからなんだ?という感想しか湧かないのです。

返事をしないと数日後ほぼ同じメールが届きます。

でもまあ今回はしばらく無視してみようと思っています。

 

問題はもう一人、大学時代の友人です。

色々なことを相談してくるので、割と真面目に考えて答えていたのですが結局私の意見など聞くわけもなく自分の思いをただ書いて送りつけてきます。

最近は私も適当に当たり障りのない返事を心がけているのですが、アドバイスなんて聞く気もないのになぜ頻繁にメールしてくるのでしょう?

メールが来ると一応返事を考えメールを打つという作業をしなければなりません。

忙しい時は本当に面倒です。

 

それからどうでもいいツイッターにでもつぶやいていてくれっていうような内容のメールを送ってもきます。

返事のしようがないのですが頑張ってなんか書いて返事しています。

もうそれがほぼ毎日だと自分の時間がもったいなくなってきます。

彼女が鬱の薬を飲んでいるのを知っているのであまり邪険にしてもいけないと思っていたのですが、とうとう昨日のメールには返事をしていません。

でも返事をしていないことにビクついている自分もいて、どっちにしてもストレスマックス・・・。

 

まあ他人にとってはこんな話もどうでもいい内容ですが、自分の気持ちを落ち着かせるために書いてみました。

できれば人間関係をフェードアウトしたくてもこのSNSの発達した現代難しいですね。

 

 

 

模試

4月の下旬にマーク模試受けてきました。

相変わらず受けっぱなしで自己採点もしないでいたところ、塾でもう一人の生徒が自己採点した点数を先生に伝えていた様子を目撃したそうです。

そのせいか数日遅れで自己採点&見直しをしていました。

 

世界史Bの進み具合を知るために受けたのですが世界史はパッとせず・・・。

一問一答は2周目に入っているらしけどまだまだの様子。

ええと、センター同日の世界史Bが4とすると今回は6。

難易度とかよくわからないので単純に比較して良いのかもわからず・・・

 

国語はやはり最後まで終わらず大丈夫かな〜と不安を感じます。

 

英語はまあまあ(?)、リスニングもまあまあ。

リスニングは50点中46とか、曲がりなりにも帰国子女で英検準1級を持っていることを考えると微妙な結果。

 

英語は苦手がはっきりしていて発音問題と文法、今回もそこが間違えた?と聞くとうんと言っていました。

発音、なんでかな〜、英検1級を中3でとったお友達もやっぱり発音問題苦手だって聞いたのでやはり発音問題はそれ対策をしないと難しいのでしょう。

 

私がよく見ている高校3年生のお子さんがいる人のブログに模試のスケジュールのことについて書いてあったのですが、結構バンバン受ける予定で月二回も普通にありそうな様子でした。

うちは次何受けるの〜と聞くと全く未定で、私が調べたところ河合塾の記述はもう次は9月ごろ?

その前は申し込みがもう終わっているようだったし、ちょっとのんびりしすぎなのかと焦ってしまいました。

 

子供に聞いたら東進がその前にありそうなのでそっちを申し込もうかなと言っていました。

そんなにしょっちゅう受けても結果は変わらないだろうし、でも全く受けないとこの先志望校を絞っていくのに判断材料がないことになるし難しいです。

 

高校から模試のスケジュールももらっているようですが、締め切りが早かったり、近くの会場がいっぱいになったりと大変です。

勉強時間も確保しつつ模試のスケジューリングなどやることはいっぱいですね。

 

心の闇

フェイスブック、若い人よりも中高年の方が夢中だと言う話を聞いたことがあります。

若い人はツイッターやインスタなのかな?

私がフェイスブックを始めたのはかれこれ6-7年くらい前、海外在住の時実家の母に近況を写真付きで知らせるのに便利だと思ったことからです。

公開範囲も限定できるし、友達の数を競う気もなかったので身内でこじんまりやっていました。

でもたまに顔見知り程度の方から友達申請が来たりして、拒否るわけにもいかなかったので、今では個人的に会うことも連絡を取り合うこともない人の近況を知ることになっています。

 

ある人は客室乗務員になって今や国際線で忙しくフライトしている様子。

仕事の忙しさや大変さを嘆きながらも海外での食事風景、ショッピングの様子をまあマメにアップして来ます。

自撮りの写真を載せては、お友達に綺麗とコメントされています。

なぜかこの方の日常を見せられると私は意地の悪い気持ちが湧いて来ます。

そんなに幸せアピールしなくても・・・ってね。

 

一方で彼女のフェイスブックが自分の反面教師と言うか、こう言うことを載せてはいけないって言うガイドラインにもなっています。

他人から見てこれは自慢になっていないだろうか、って常に考えてしまうのです。

自慢になるような生活してはいないんだけど、いろいろ考えちゃって今ではもっぱら見る専門になっています。

(そしてまた悶々とする、じゃあ見なきゃいいじゃんとも思うけど)

まあ帰国して母はそばに住んでいるし必要がなくなったって言うのもあります。

 

以前ママ友同士のマウンティングって言う話題をテレビでやっていましたが、フェイスブックに高級レストランでランチしたとかわざと高級外車が写り込むような家族写真を載せたりする人がいるんだそうです。

 

マウンティングって言うのは犬どうし自分の方が相手より優位だと言うことを示そうとする行為だと思うのですが、人間界にもそれに似た状況があるようです。

同じような家族構成、例えば子供の年齢が同じとか。

 

今日は子供の入学式でした、と書いて写真に駒場東大前って駅の看板がチラッと写っているとかが高度なマウンティングの方法だそうです。

(子供が東大に入学したことをさりげなくアピールするんだそうです)

もし自分の子供が東大に受かったら(妄想レベルの話ですよ)、今のような方法でアピールするよりも

   うちの子が東大にめでたく受かりました〜

と書いた方が良いのでしょうか?

 

私だったら素直に喜びを表してある方が良かったね〜おめでとう、って言う気持ちになるような気もします。

いや、本当?もし自分の子供が受験に失敗してそんな写真がアップされたら軽く殺意が湧くんじゃない?

 

そもそも東大なんて目指してないし、レベルが違いすぎて別世界の話と割り切れるような気もするわ。

 

とか、いろいろ考えているともう何もフェイスブックに載せられないのですよ。

 

でマウンティングの話に戻ると、子供がどこの学校に受かったとか夫の社会的地位が高いとか低いとかは私の価値とは全く関係ないのです。

私の価値ってなんだろう?

子供の受験のフォローをし、家族の生活の面倒を見て、パートで小銭を稼ぐ。

素敵な日常とは程遠いわ・・

 

 

 

 

指定校推薦について

先日子供の通う高校のPTAのちょっとした集まりがありました。

そこでちょっと話題になったのですが、指定校推薦で地元の公立大学に進学した5人の卒業生のうち3人がドロップアウトしているそうなんです。

一人は完全に退学、一人は不登校、そしてもう一人ももうすぐ辞める予定とか!

 

なんだかな〜、きっと校内選考でもれた生徒もいるだろうに複雑な心境です。

まして公立は学費も安いので他に行きたかった人がかわいそう。

とは言っても選ばれた人は成績も良く当然努力はしたのだからとやかく言われたくないのかもしれませんね。

 

高校の先生はできれば一般入試をお勧めするとはっきり言っているそうです。

なぜかと言うと推薦、AOで入学した学生の退学率が一般で入学した生徒よりも多いからだそうです。

本当にそこに行きたくて進学するならば良いのですが、早く決まりたいとか今から一般入試に向けて勉強しても間に合わないかもしれないなどと言う安易な考えは良くないと言われたそうです。

 

大学もごく一部のトップ大学を除いては定員を確保するために推薦やAOでどんどん学生を確保していますね。

そんな中強い心で一般入試に向けて勉強を続けるのは大変なことなんでしょう。

 

それにしても5人中3人の退学ってすごいですよね。

色々考えさせられる話でした。