大学受験を見守る日記

アラフィフの私が一年後の息子の大学受験について書き留めます

MENU

大学生活始まりました

2ヶ月前の不安な時期は何処へやら、で入学式も終わり連日なんらかのガイダンスに出かけています。

我が家は2月の後半には進路が決まったのですが同じ高校には国立後期で進路が決まった人もいるようで、引越しを伴うと本当にバタバタで大変だと思います。

息子も地方から来て一人暮らしを始めたばかりの新入生と話をして、通学が遠いとはいえ恵まれていることを実感したようです。

 

息子はツイッターなどしていないので入学前からつながるという世界を知りません。

入学前の交流会の類にも出ていませんし、多分存在も知らなかったのではないかと思います。

マイペース型なので一人でも平気なタイプではありますが、同じ高校出身の友達に偶然あってキャンパス内を探検したりしたようで私は少しほっとしました。

 

サークルですが、ピアノを活かせるサークルをいくつか周り入るつもりのようです。

この時期連日新歓があるようで予定を入れたりしています。

一つに絞らずいくつか参加して合いそうなところに決めればいいのではないかと話しています。また先輩からもそう勧められたそうです。

 

特に飲酒に関しては本人の拒絶反応が強く、飲み会がないと明言しているサークルが気になるようです。(食事会や飲酒をしない打ち上げはある)

飲酒の強要は一切ないとわざわざ断るあたりそういう団体もあるということでしょう。

大学からもかなりしつこく未成年の飲酒について注意喚起されています。

 

一体いつから授業が始まるのか・・?

履修希望しても抽選で漏れることもあるらしく教科書を買うタイミングも難しいようです。

 

慣れるまでは大変だけど楽しく4年間過ごしてくれると嬉しいです。

そうそう、息子は文系学部ではありますが4年で卒業するのは75%って言われたそうです。

本当だとしたら恐ろしい・・・。4人に一人は留年?理系ならまだしも・・・。