大学受験を見守る日記

アラフィフの私が一年後の息子の大学受験について書き留めます

MENU

私立の結果が出揃いました

まずセンター利用で出したのは三大学です。

A判定だったのは成成明学独國武の大学でした。→合格

B判定だったのはmarchのCの某学部→不合格

C判定だったのはmarchのRの某学部→不合格

R大学は英検準1級をもっていると英語が95%換算か実際の得点の高い方になるということで出願しましたがダメでした。

国語がもう少し得点できれば違った結果になったのではと思います。

普通の国語力があるならば英検利用はお勧めです。

 

一般入試の結果ですが帰宅後まあ受かっていると思うと言ったのはmarchの三大学です。結果三つとも受かっていました。

そして早慶ですが、早慶とmarchには見えない壁があったようです。

問題が全然違うと言っていました。

早慶に関して言うと受かっているとしたらここだ、と言ったところは合格か補欠でした。今日はダメだと言ったところは不合格でした。

 

そして予想どおり国語の出来が合否を分けたと思っています。

最初に受けた上智はそれなりに過去問も解いていて勝算が全くなかったわけではないと思うのですが補欠にすら入りませんでした。

 

結果が出て私が勝手に国語の答えあわせをしたのですが、多分半分もあっていませんでした。これでは無理だと思いました。

本人も試験から帰ってきて手応え的には全くわからないと言っていたので、多分できたかできなかったかもわからなかったのでしょう。

 

慶應はご存知の通り国語の試験はありません。やはり早稲田より慶應の方にチャンスはあると思った私の思った通りの結果となりました。

 

その代わり慶應には小論文があるのですがそのことはまた次回に・・・。