大学受験を見守る日記

アラフィフの私が一年後の息子の大学受験について書き留めます

面倒なメールを無視していいのか悩む日々

受験関係ないです。

 

最近はラインでのやり取りがほとんどですが、メールでやり取りする人がやく二人います。(二人ともスマホ持ちなんだけど)

 

一人は叔母ですでに高齢者のくくりに入っています。

親族からは嫌われ、誰にも相手にされないからか私あてに頻繁にどうでも良い長文メールが改行なしで送られてきます。

私だってすでに老眼が入っているのに、スマホのメールにぎっしり詰まった文字を見ただけでうんざり。さらに同じような内容のメールを何度も送ってくるので本当に返事に困ります。

読んだ後、だからなんだ?という感想しか湧かないのです。

返事をしないと数日後ほぼ同じメールが届きます。

でもまあ今回はしばらく無視してみようと思っています。

 

問題はもう一人、大学時代の友人です。

色々なことを相談してくるので、割と真面目に考えて答えていたのですが結局私の意見など聞くわけもなく自分の思いをただ書いて送りつけてきます。

最近は私も適当に当たり障りのない返事を心がけているのですが、アドバイスなんて聞く気もないのになぜ頻繁にメールしてくるのでしょう?

メールが来ると一応返事を考えメールを打つという作業をしなければなりません。

忙しい時は本当に面倒です。

 

それからどうでもいいツイッターにでもつぶやいていてくれっていうような内容のメールを送ってもきます。

返事のしようがないのですが頑張ってなんか書いて返事しています。

もうそれがほぼ毎日だと自分の時間がもったいなくなってきます。

彼女が鬱の薬を飲んでいるのを知っているのであまり邪険にしてもいけないと思っていたのですが、とうとう昨日のメールには返事をしていません。

でも返事をしていないことにビクついている自分もいて、どっちにしてもストレスマックス・・・。

 

まあ他人にとってはこんな話もどうでもいい内容ですが、自分の気持ちを落ち着かせるために書いてみました。

できれば人間関係をフェードアウトしたくてもこのSNSの発達した現代難しいですね。