読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学受験を見守る日記

アラフィフの私が一年後の息子の大学受験について書き留めます

息子が友達の家に泊まってきました 

受験とは関係ない話ですが・・・

最近何度か遊んでいる友人たちに誘われてそのうちの一人の家に遊びに行ってきました。ボードゲームをするのが目的なのですが、夕方電話がかかってきて皆泊まるって言ってるんだけど自分も泊まっても良いかと聞いてきました。

ちょっとびっくりしまして、と言うのも泊まる家は女の子の家だったからです。

 

高校なので中学までと違って相手の家の場所も知りません。最寄りの駅は聞いて知っていましたが、相手の親御さんのこともよく知りません。

ただ息子の他にも男子生徒がいると言うこと、相手の親は了解していると言うことはわかりました。

 

まあ結局許可したわけですが、着替えなどを取りに一旦家に戻ってくると言うので急いで手土産を買ってきて持たせました。

 お家の人に渡してよ! 

と強調しておきました。

 

次の日の夕方帰ってきてから話を聞くと3時ごろまで頑張っておきていたそうです。

寝る時は男の兄弟の部屋で寝たそうです。

 

帰ってきてから見せてもらった写真やポツリポツリ話してくれる内容から楽しかったようでした。

向こうの親御さんとも色々お話したようです。

 

息子は今まであまり友達と深く関わろうとしない子供で友達の家に遊びに行くだけでも珍しいのに、さらにお泊まりとは我が家的にはびっくりな出来事でした。

今度はうちにも遊びに来たいって言ってたよ〜、と言われましたが大歓迎です。

 

受験生だし実現するのか些か疑問ではありますが、嫌だなんて言いません。

私の居場所がないので仕事でいない時だと良いな〜、でも会ってみたいな〜と妄想が膨らんでいます。